神奈川クリニック眼科が破産

金曜日, 5月 7th, 2010

2010年5月7日、レーシック手術大手の「神奈川クリニック眼科」が、東京地裁に破産手続きの開始を申請しました。
事業は「神戸クリニック」を運営する稜歩会(神戸市)に譲渡し、眼科医院事業は継続するとのことです。
神奈川クリニック眼科は、東京、名古屋、大阪、福岡の4カ所にある。
神奈川クリニック眼科の母体の博美会は、昨年8月、常時行っている値引きを期間限定のように表示したのは景品表示法違反(有利誤認)の恐れがあるとして、公正取引委員会から警告を受けていました。 

神奈川クリニック眼科は、レーシック手術をめぐる料金表示で警告を受けたほか、競争激化で美容整形部門を閉鎖したこともあり、経営が悪化していました。
昨年、東京都内の別の眼科でレーシック手術を受けた患者が感染性角膜炎を発症し、社会問題化したことも影響したようですが、レーシック手術を受ける際には、神戸クリニックのように感染症など、手術前に行う検査とカウンセリングについて、しっかり行ってくれるところを選ぶべきでしょう。