錦糸眼科でのレーシック手術のご案内

日曜日, 1月 6th, 2008

錦糸眼科のお奨めポイント

  • 低価格で高技術のレーシック
    ・レーシック両眼12万円
    ・イントラレーシック両眼18万円
  • 15年の信頼と実績 錦糸眼科のレーシック
    総院長矢作徹の症例数3万件以上は、国内最高水準。
    総院長矢作徹はワールドトップドクター賞など、多くの国際的な賞を受賞しています。
  • レーシックのパイオニア
    開院以来14年の歴史がある。
    錦糸眼科は屈折異常の専門眼科として平成5年に設立され、多くの屈折治療を行ってきている。
    近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行ってるので、設備・衛生面でもピカイチの安心度。
  • イントラレーシックの錦糸眼科として著名
    2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設として、現在、錦糸眼科の全ての分院に、INTRALASE FS60とTechnolas217Z100を導入し、高水準の治療を行っている。
  • 経験豊富な執刀医の信頼と実績
    錦糸眼科の執刀医は1年以上の手術指導を受け、全て3年以上の執刀経験がある。
  • 低価格で多彩な支払い方法
    現金 /口座振込 /クレジットカード /ローン(6回~60回)等

錦糸眼科でのレーシック手術申込 ~ 手術・アフターまで

近視手術は次のような流れで進みます。
不明な点や、心配な点があれば、WEB相談を行っているので気軽にご相談してみてください。
大変親切に応対してくれます。
錦糸眼科でのレーシック手術申込

  • WEBで予約
  • 初診検査
    屈折度数(近視・遠視・乱視の度合い)の測定、角膜の形状の精密測定・画像解析、眼圧測定など、実に多彩で精密な初診検査をしてくれるので、安心して手術を受けられます。
  • 個別カウンセリング
    個別にカウンセリングや診察をします。検査結果を元に、治療できるか最終的な診察をしてくれます。
  • 手術予約。初診終了後、その日のうちに予約できる。
  • 手術
  • 術後検診
    アフターフォローも完璧で、術後の検診は、当日(または翌日)、1週間、1カ月、3カ月、6カ月の5回ある。

錦糸眼科の施設・ドクター紹介

  • 錦糸眼科東京本院 東京都港区東新橋2-7-8 メディカルサイト汐留ビル
    治療責任者:院長 矢作徹
    1993年 信州大学医学部卒業 1999年 スタンフォード大学眼科BS課程修了
    現、錦糸眼科総院長
  • 錦糸眼科札幌院 札幌市北区北七条西2-20 東京建物ビル3F
    治療責任者:澤井建互 平成15年杏林大学卒 平成15年より就任
  • 錦糸眼科名古屋院 名古屋市中区栄3-7-13 コスモ栄ビル5F
    管理医師:小嶋隆行 平成2年 日本医科大学卒 平成20年より就任
  • 錦糸眼科大阪院 大阪市淀川区西中島7-5-25 ドイビル1F
    管理医師:保坂賢治 昭和63年東京慈恵医科大学卒 平成20年より就任
  • 錦糸眼科福岡院 福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3F
    管理医師:沢井健互 平成15年杏林大学医学部卒 平成20年より就任