レーシック手術の事前準備

どこのレーシック手術クリニックでも、実際の手術前には、専門コンサルによる精密検査とコンサルが行われます。

  • 検眼とコンピュータ診断により、あなたの角膜の形の測定が精密に行われる
  • 眼科医は、この情報を元に、あなたをレーシック手術による屈折矯正手法を提示します。
    もちろん、この時には、あなたの仕事やプライベートタイムにおいて、どのような視覚がベターかを考慮して、レーシック手術方法が決定されます。
  • ソフトコンタクトレンズを着用している場合には、角膜を自然の状態に戻すために、この検査前の数日間は、コンタクトをはずしておかなければなりません。
  • ガス透過性ハードコンタクトレンズ着用の場合は、角膜を自然の状態に戻すために、3~4週間程、はずしておく必要があるかもしれません。
  • 神戸神奈川アイクリニック 手術前に行う検査とカウンセリングについて

レーシック疑問