レーシック後の副作用

レ-シック手術後の副作用
レーシックは他の外科手術と比べても、統計的にも、極めて安全な手術です。
最新設備を持っている眼科専門医によるクリニックなら、安心してレーシック手術を受けられます。

手術前には、どこのレーシッククリニックでも、適応検査を行いますが、統計的には10人に1人位が不適応という結果になっています。
レーシック手術に不適応の人がいます。

また、重度・軽度に関わらず、レーシック手術後の副作用となる合併症も、ほんのわずかの確立でおきていることも事実です。
これらの内容について予め知っておくことも、レーシック手術を受けるに当たって、とても大切なことです。

またレーシック手術の失敗例も、過去にはまれにありました。
最近では、レーシック手術の設備のハイテク化が進み、重大な失敗例はほとんどなくなりつつあります。
100%の成功保証はありませんが、最新の設備と経験豊富なスタッフに支えられているレーシッククリニック を選べば、滅多なことはおきません。

レーシックの歴史はまだ浅く、十分な統計データがないための不安もありますが、専門医と相談をして、手術前の診察をしっかり受ければ、ほとんど問題はありません。

以下、レーシック手術後の副作用・合併症の症例と、その注意についての情報です。

ドライアイ

レーシック手術後、目が乾燥し易くなりますが、通常は2・3ヶ月すれば元の状態に戻ります。
ドライアイは、レーシック手術により、角膜を切開するため、角膜の表面部分が乾きやすくなって、人によっては、発生する場合があります。
この時は、レーシック術後に病院から渡された点眼薬でケアするなどして、医師の指示に従えば、ほとんど問題は起きません。

注意点としては、ドライアイになると、目にキズが付きやすい状態になることです。
いずれにしても、レーシック手術後しばらくの間は、処方された目薬などを、最後まで指示通りに点眼することです。

軽度の合併症

レーシック手術後、いくつかの合併症が出る場合もあります。
個人差もありますが、一定の期間が過ぎれば改善される方がほとんどですが、レーシックによる主な合併症をご紹介しておきます。

  1. ぼやける
    レーシック手術直後は、大抵に人が全体的にぼやけてやや見にくい状態になりますが、徐々に改善しますので、ほとんど心配ありません。
  2. 異物感・しみる感じ
    レーシック手術直後は、目にゴロゴロした異物感や、ちょっとしみる感じが出る場合があります。これも殆どの場合、その日のうちになくなります。
  3. 近視への戻り
    レーシック手術後、半年から1年以上経過して、屈折が変化し近視に戻ってしまうケースがまれにあります。この場合、角膜の状況など再手術の可能性について医師が判断することになります。
  4. 夜間の光のにじみ、まぶしさ
    個人差がありますが、夜間に光がにじんで見える(ハロー)、まぶしく感じる(グレア)ことがあります。これら夜間視力低下は、殆どの場合、手術から半年程度で改善されます。
  5. フラップのずれ
    レーシック後早期に、眼を強くこすったり、強い衝撃をうけたりすると、ごくまれにフラップがずれてしまう可能性があります。
    数日以内に対処することにより殆どの場合きれいに治ります。
    このようなことを防ぐため、レーシック後しばらくは保護用メガネを着用します。

トータルケア_一般人2013